ホームページのコツ

アクセスが集まるブログを書くために押さえるべき3点

「ブログを書いているがアクセスが伸びず、モチベーションが上がらない」
「SNSでのシェアも増えないので、アクセスが頭打ちになってしまっている」

この記事は、【時間をかけてブログを書いているのに、なかなかアクセスが集まらない】と悩んでいる皆さまへ向けて書いています。

皆さま、こんにちは。

ブログが注目されるようになってから、早10年ほどが経とうとしています。これまでに多くのブログが生まれ、人気が集まったブログは書籍化されたものも。内容は本当にさまざまで、どういった内容を書けばアクセスが集まりやすいとは言い切れない状況です。

つまり、誰でもアクセスが集まるブログを書くブロガーになる可能性はあるということ。ただ、ポイントを押さえておかなければ非常に長い道のりになることも数多くのブロガーが経験談として語っています。基本となるポイントを3つ、この記事ではピックアップしてみます。今、更新を続けているブログに、アクセスが集まるエッセンスを追加してみてください。

アクセスが集まるポイント1:自分のことは誰も知らないと心得る

私個人の考え方ですが、誰でも専門分野を持っていて、どんな人でも面白くて役に立つブログ記事を書けると思っています。誰にでも人気ブロガーになる可能性が秘められているのです。

ただ、芸能人でない限り、ブログを開設してすぐに多くのアクセスが集まることはほぼありません。少しメディアに出たり地域で有名人だったとしても芸能人以外は、全員が無名の一般人です。それをまず念頭に置いて記事を書いていかなければなりません。

少し例え話をしましょう。

あなたは街頭インタビュー等で知らない人がテレビに映っているのを見て、その画面を凝視することはありますか?何か気になることを話していたり、ビジュアルが美しかったり、面白いことを話していたりして、やっと画面に目を止めるのではないでしょうか。でもそのときに番組を録画しようとまで思いますか?ほとんどの方は、その人の存在を数分後には忘れてしまいますよね。

この例えでいうと、録画=SNSでのシェアやブックマークです。どれくらいハードルが高いかわかると思います。パッと見た画面に映った知らない人の映像を、リモコンの「一発録画ボタン」等を押してもらって録画してもらわなければならないのですよ。大変です。

人気芸能人であれば、その人が出ているだけで番組は予約録画されます。無名の人のブログが読まれたり、SNSでほとんどシェアされないのは当然だと納得できますよね。

そこで、できる対策としては、少しずつ努力をして人気芸能人になっていくことです。全員に好かれる国民的アイドルになる必要はなく、コアなファンがいる芸能人です。そうすれば定期的にチェックしてもらえたり、シェアしてもらえたりするでしょう。

努力の仕方、方向性については次の項目をご一読ください。

アクセスが集まるポイント2:コンテンツ(内容)しか勝負どころはない

無名の人でも、自分が興味のあることについてとても詳しかったり面白いことを教えてくれたりするのであれば、「また会いたい(また読みたい)」と思いますよね。

つまり、コンテンツ(内容)がよいものであれば、アクセスを集めることができるといえます。逆にいえばそれしか勝負できるポイントがないということもわかっていただけると思います。

情報が詰まっていて、さらにそれを深掘りしていくような記事ですね。特にあなたの仕事や趣味にアンテナを立てた、専門的なものであればあるほどよいでしょう。ご自身を振り返ってみても、仕事や趣味に関わる内容は、よく検索したりニュースを探したりしていませんか?専門的な内容は調べられやすいのです。

何度も読みたくなるようなブログを書いて記憶に残っていかなければ、アクセスは増えないということをまず理解し、内容のある記事を書き続けていけば必ず人気ブロガーになれるでしょう。

アクセスが集まるポイント3:定期的に更新をする、更新日を宣言する

ブログが何人かの記憶に残るようになってきたら、次に必要となるのが、定期的な更新です。

またテレビ番組を持ち出した例え話をしますが、通常の番組の間に放送されるスペシャル番組より、レギュラー番組のほうが録画もしやすいですし、毎日の楽しみにしやすいですよね。

「火曜日の22時はこのドラマ」といったように、折々で思い出してもらわなければリピーターからのアクセスは増えていきません。そのため、定期的な更新が必要となってくるのです。

いちばん覚えやすくアクセスが増えやすいのは「毎日」ですが、それで無理をして浅い記事を書いてしまっては本末転倒です。あなたのできる範囲内で頻度を決め、それをブログ内で宣言していきましょう。

宣言することで、記憶に残りやすくなる=覚えてもらいやすくなります。

まとめ

「もうブログの時代じゃない」「コンサルがブログを書けというけれど楽しくない」など、ブログについてはいろいろな声が聞こえてきます。けれど、コンテンツ(内容)をインターネット上に残すということで考えれば、それが「古い」「時代遅れ」というのはおかしくありませんか?記録していくことは大切なことです。

無名の間はアクセスが集まりづらく、モチベーションの維持が大変かもしれませんが、人気ブロガーになる可能性は誰しも秘めています。

この記事で挙げた3つを意識して、コツコツと記事を残していってください。

ホームページ簡単制作 PAGEKit

どうしてもホームページ作りが難しいという場合はページキットにおまかせください。

かんたん3ステップ最短15秒で、業種ごとにぴったりの文章が入ったホームページが作れます。サポートつきで30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料お試しはこちら