便利ツール

ホームページ作りに便利なキーワードツール3選【2022年版】

「初めてでも使いやすいSEO対策用ツールが知りたい」
「ホームページに入れたほうがいいキーワードの選び方を知りたい」

皆さま、こんにちは。
ホームページの制作をしていると、よく目にするのが”キーワード”という単語です。
ホームページ制作の場面で”キーワード”というと、検索エンジンの検索窓にユーザーが入力する単語を指すことがほとんどです。

よく検索窓に入れられる単語をホームページに使っておく

たくさんの人に発見されやすくなる

ホームページに多くの訪問者が来てくれる

このような流れがあるため、ホームページに入れるキーワード選びは大切とされています。

また、検索エンジンのキーワード検索結果画面では、順位がついてしまうので、より上位に表示されたほうがたくさんの訪問者が来ます。

自分たちのホームページはどんなキーワードを入れたらよいのか?
“大阪”や”ダイニングテーブル”など競争相手が多いキーワードで検索結果上位に来るのは難しそうだな…と感じたとき、どんなキーワードを選んでいけばよいのか?

そんなときはキーワードツールを活用してキーワードを探していきます。
ツールと言っても使い方はどれも簡単で、初めてでも直感的に使えます。また、無料で使えるキーワードツールがインターネット上に公開されていますので、気軽に使ってみることができます。

便利なものを3つご紹介しますので、ホームページ作りの参考にしていただければ幸いです。

キーワードツール①ラッコキーワード

【ラッコキーワード】は今いちばん多くの人に使われているキーワードツールといっても過言ではないほど、人気が集中しています。

検索窓にどんな単語がよく入れられているか瞬時に、しかもとても細かく調べることができます。

https://related-keywords.com
ラッコキーワードはログインをしていない状態では1日5回までしか検索できません。ログインすると無料プランでも1日の利用回数が増えますので、お急ぎの方はユーザー登録をオススメします。

■ラッコキーワードの使い方

トップページにある検索窓に、ご自身がホームページに入れようと思っているキーワードを入力してみてください。

例えば【居酒屋】で検索すると、”メニュー”や”安い”、”個室”などのキーワードが一緒に検索されていることがわかります。また、地名も多いです。

つまり皆さんが居酒屋の経営者様であれば、そういったキーワードをホームページに使うと訪問者の増加が見込めるということになります。

(例)大阪・堺筋本町にある居酒屋Aです。4人様用個室を完備、まぐろの刺し身が看板メニューでお安い価格設定を目指しています。

このようによく使われているキーワードを優先的にホームページの文章に組み込んでいくことで、訪問者が増える可能性が上がります。

キーワードツール②Googleトレンド

【Googleトレンド】は検索エンジンのGoogle社が自社サービスとして提供しているツールです。キーワードが検索窓に入れられている回数や、推移を調べることができます。

https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP

■Googleトレンドの使い方

トップページの検索窓に、ホームページに使おうと思っているキーワードを入力します。

↑【那智の滝】を検索した結果です。
昔からある観光スポットで、人気が衰えていないことがわかります。8月や5月の長期休暇の時期には、ドンと検索が伸びています。都市部からアクセスの悪い観光地なので、長期休暇の時期に行こうとされる方が多いのだな、とわかります。

↑【フルーツサンド】を検索した結果です。
ある時期から需要が伸びているのがわかります。この時期に流行が来ていたのでしょうね。その後も急降下することなく、ある程度はニーズを保っていますね。

このように消費者ニーズや傾向をとらえることもできるので、どれくらいの回数が検索されているかと合わせて、「そのキーワードに今ニーズがあるか?」を調べることができます。

キーワードツール③ハシュレコ

【ハシュレコ】はInstagramで人気のキーワードがわかるツールです。
Instagramで人気であれば、女性や若い世代(Z世代)にも注目されているキーワードであるはずですね。

https://hashreco.ai-sta.com
ログイン不要で調べられ、デザインもかわいいです。

■ハシュレコの使い方

検索窓にキーワードを入れると、そのキーワードに関連しよく使われているキーワードがリストアップされます。

【フルーツサンド】で検索すると、”フルーツだいすき”などInstagramらしいキーワードが見つかりました。ハッシュタグで人気だからといってホームページには向いていないかもしれませんが(検索窓にこの単語は入れないかもしれないため)、”食パン”や”朝ごはん”など関連するキーワードも見つかります。

まとめ

今回ご紹介した3つのキーワードツールはそれぞれに違う角度からキーワードを調べられるので、同じキーワードを3つのツールで調べて比べてみてください。新しい発見があったり、より集客できる可能性のあるキーワードを見つけられたりするかもしれません。

ご自身のホームページにどんなキーワードがぴったりなのか、集客できるキーワードはどれなのか、リサーチして検討するほど集客に結びつきやすくなることは間違いありません。ぜひこのような無料で使えるキーワードツールを活用し、よりよいホームページを作っていってくださいね。

ABOUT ME
Groow編集部
編集長 小林永嗣。 株式会社アイデアクリップ代表取締役。 2004年より、初心者の方でも簡単にホームページを作れるサービス「PAGEKit - ページキット」を運営。丁寧なサポートが評判で、累計24,000人以上が利用。
ホームページ簡単制作 PAGEKit

どうしてもホームページ作りが難しいという場合はページキットにおまかせください。

かんたん3ステップ最短15秒で、業種ごとにぴったりの文章が入ったホームページが作れます。サポートつきで30日間無料でお試しいただけます。

サンプルを作ってみる