デザイン

ホームページやInstagramで使える営業日カレンダー素材サイトと文字の入れ方

「Instagramに投稿されているかわいい営業日カレンダーを真似してつくりたい」
「ホームページに掲載する営業日カレンダーをもっとおしゃれで見やすいものにしたい」

皆さま、こんにちは。
この記事は、【営業日カレンダーの素材】を探している皆さまへ向けて書いています。

最近InstagramやLINEに「今月の営業日」と1ヶ月のスケジュールを投稿されている飲食店や美容院をよく見かけます。どこから素材を探してきているのかなと思い、私自身もいろいろと探してみました。

カレンダーをつくるスマートフォン用アプリなどもあるようですが、[素材を見つける→ダウンロード→画像加工ソフトで文字入れ]の流れの作成がシンプルでオススメです。また、パソコンでつくる習慣を付けておくと、スタッフさんなどに引き継ぐ場合もデータや環境そのまま渡せるので、トラブルが起こりづらいです。スマートフォン用アプリは誰かに引き継ぐというのが難しい場合もあります。

今回の記事では、カレンダー素材をダウンロードできる素材サイトの紹介と、そのカレンダーに文字を入れる方法をまとめていきます。

営業日カレンダーの作り方①素材配布「イラストイメージ」

商用利用できる無料のイラスト素材サイト「イラストイメージ」にはシンプルな営業日カレンダーの素材があります。月ごとだけでなく、1年間がまとまったカレンダーも配布されています。

https://illustimage.com/?gp=カレンダー

カレンダーの背景は透明なので、ホームページなど背景色があるページにも素材として使いやすいですね。シンプルな白いカレンダーだけでなく、黒や水玉背景のものもあります。

営業日カレンダーの作り方②素材配布「コトノハデザイン」

Instagramの集客ノウハウなども公開されている「コトノハデザイン」では、女性らしいかわいいカレンダー素材が配布されています。

https://cotonoha-design.com/blog/ig-calendar-2022/

素材を配布する専門のWEBサイトではないのですが、画像に文字入れできるスマートフォンアプリの使い方などもシェアされていてとても丁寧に運営されている印象です。素材は女性らしい色合いで、月ごとのカレンダーが配布されています。

素材配布以外の情報も多く掲載されているので、スマートフォンから作業をしたい方はこちらのWEBサイトの解説も合わせて読むとわかりやすいと思います。

営業日カレンダーの作り方③素材配布「イラストダウンロード」

素材サイト「イラストダウンロード」で配布されているカレンダーはデザインが複数あり、全体的に上品なイメージです。

https://illust.download/archives/category/illust_all/calendar2022

シンプルなもの、手書き風のものと選んでダウンロードできます。
カレンダー以外にもたくさんの素材が配布されているので、ホームページ用の他の素材も欲しい方は、こちらからダウンロードするとイメージを合わせて使うことができますね。

他にも例えばイラストAC素材ラボといった素材サイトでカレンダーが配布されています。このような素材集からまずお好みのカレンダー素材をダウンロードし、次に文字を乗せていく作業をしていきます。

営業日カレンダーの作り方④素材に文字乗せする

上記↑でご紹介したような素材サイトでは、ダウンロードボタンが設置されていればそのボタンを押してダウンロードします。ボタンが設置されていなければ、画像の上にマウスカーソルを乗せ、右クリックで保存します。

パソコンの中に素材が保存できたら、文字を乗せていきます。

①デザインツール「Adobe Express」へアクセスし、ログイン
過去記事:画像を簡単デザインする無料ツール「Adobe Spark」の使い方で紹介したデザインツールがとても自由度が高いので、今回も活用していきます。

※ツールの名前が先日「Adobe Spark」から「Adobe Express」へと変わりましたが、ツールの中身に大きな変更はないようです。

https://www.adobe.com/jp/express/
↑こちらへアクセスし、ログインします。デザイン画面が開いたら、左メニューの「+」から作業を始めます。

②[コラージュ>写真の選択]でカレンダーを開く

使う写真は1枚だけですが、コラージュから開くのがいちばんわかりやすかったです。
写真が開いたら、文字入れをしていきます。

③[テキスト>テキストの追加]で文字を足していく

テキストの追加をクリックすると、文字を入力するメニューが右側に開きます。フォントなども選ぶことができます。

テキスト入力欄に文字を打つと、自動的に画像の上に文字が乗ります。これを好みのサイズに小さくしたり、複製したりしてカレンダーを完成させていきます。

仕上がった右上にある[ダウンロード]ボタンより保存し、Instagramやホームページにアップしてお客様に見ていただきましょう!

まとめ

シンプルなカレンダーからかわいいカレンダーまで、インターネット検索してみるとカレンダー素材はたくさんありました。文字入れツールもこの他にもたくさんありますし、iPadなどがあれば手書きでつくっても味が出るかもしれません。

営業日が月によって変動するお店さんは、文字で告知するよりもカレンダーでお伝えするほうがお客様にとっては便利です。スクリーンショットで保存したり、お友達に送ったりできるからです。

営業日カレンダーを毎月丁寧につくると時間がかかってしまうかもしれませんが、お休みの日にお客様が来てしまったら機会損失にもなりますので、定休日以外にもお休みが多いお店さん、不定休のお店さんは営業日カレンダーをつくってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
Groow編集部
編集長 小林永嗣。 株式会社アイデアクリップ代表取締役。 2004年より、初心者の方でも簡単にホームページを作れるサービス「PAGEKit - ページキット」を運営。丁寧なサポートが評判で、累計24,000人以上が利用。
ホームページ簡単制作 PAGEKit

どうしてもホームページ作りが難しいという場合はページキットにおまかせください。

かんたん3ステップ最短15秒で、業種ごとにぴったりの文章が入ったホームページが作れます。サポートつきで30日間無料でお試しいただけます。

サンプルを作ってみる