便利ツール

お店や事業所のGoogleMAP情報が間違っている場合の修正方法

「自分のお店をGoogleMAPで見たら情報が間違っている」
「GoogleMAPの情報が間違っていてホームページに埋め込めない」

皆さま、こんにちは。
私たちが運営しているホームページ作成サービスPAGEKitでは、GoogleMAPを埋め込む機能を備えています。ホームページのアクセスページを作成するときに、住所を指定してピンマークを付けるだけの簡単な操作で埋め込み地図をつくることができます。

そのときに初めて自分のお店や事務所をGoogleMAPアプリから検索してどう見えるのか確認してみたら、「勝手に登録されていて、しかも情報が間違っている…」と気づき、相談を受けることがあります。

GoogleMAPの情報は、以下の3つのパターンで増えていきます。

  1. Googleの登録
  2. 個人ユーザーが登録
  3. お店や企業がオーナーとなって自分で登録

Googleが機械的に登録する内容もありますし、個人のユーザーが情報を増やすために自主的に登録することもあります。そして、自分のお店や企業の情報を載せたいときに自分で情報を登録するパターンもあります。

ご自身でお店や企業の情報登録をしていないのにGoogleMAPに載っている…そういう場合は↑上記の1か2のパターンで登録がされたということになります。

でも、お店が公式に登録していない情報の場合、間違っていることも多々あります。
古い情報のこともありますし、実際にある場所とピンがズレていたり、営業時間が全然違ったり。GoogleMAPで「営業時間外です」と表示されたら、皆行かなくなりますよね。非常に営業に影響が出ているはずなのです。

そのため、GoogleMAP上の登録情報が間違っていると気づいたら、すぐに情報修正をしましょう。

■GoogleMAPの問い合わせ電話番号や店頭窓口はない

Googleのサービスなのだから、Googleに電話するか窓口へ出向けばよいのでは?とおっしゃられる方もおられるのですが、無料サービスということもありサポートや問い合わせフォーム、電話番号、窓口などは用意されていません。

自分でインターネット上で修正することができますので手順を踏んで直していきましょう。この記事では、どの手順で修正していけばよいかご紹介していきます。

GoogleMAP修正①Googleにログイン、管理を始める

まずパソコンでGoogleMAPを開きます。
https://www.google.co.jp/maps/?hl=ja

GoogleMAPの検索窓にご自身のお店や事業所、企業名を入れて検索してみましょう。
【ビジネスオーナーですか?】という表示が出ているはずなので、そちらを見つけてください。

【ビジネスオーナーですか?】をクリックすると、Googleのアカウント(gmailでログインできます)の入力を求められますので、メールアドレスを入力するか新規作成します。

ログインすると、このスポットの【管理を開始しますか?】という画面が出ますので、【管理を開始】をクリックして進みます。

これで、このスポットの管理ができる画面へ進めます。
GoogleMAP上の情報が見られる画面がでてきますので、まず間違っている情報の修正を試みてください。

ただ、これでは何故か正しい情報が反映されず、修正できないことがあります。
修正できるときもありますし、できないときもあります。この違いが何故か私もわからないのですが、もし修正できなければ、↓次項へ進んでください。

GoogleMAP修正②オーナー登録をする

スポットの管理を始めるというステップの次に、オーナー登録をするという段階があります。手順を踏んで正式なこのスポットのオーナーになれば、情報の修正や追加が即座にできるようになります。将来的にとても便利なので、ぜひオーナー登録まで済ませてください。

オーナー登録の手順については過去記事に詳しいです。

【過去記事】ホームページを作れないならGoogleビジネスを使おう

この記事を書いた当初は、オーナー登録するサービスは「Googleマイビジネス」という名前でしたが、2022年現在は「Googleビジネスプロフィール」という名称に変わっていますが、名称以外は基本的に同じなので、現在も上記の記事を参考にして登録作業を進めていただけます。

オーナー登録には電話かハガキで所在確認することが必須です。
ひと手間かかって面倒ですが、その分、情報の修正や追加がスムーズになります。オーナー登録ができれば、GoogleMAPへの修正が反映されないことはありませんので、なかなか修正できなくて困っている方はぜひオーナー登録を行ってみてください。

GoogleMAP修正③GoogleMAPの地図がそもそも間違っている場合

ときどき道がなかったり、そもそも地図がおかしかったりすることがあります。
そのような場合は、GoogleMAPのデータ修正ができるページがあります。

https://support.google.com/maps/answer/3094088?hl=ja
こちらに道路の追加や修正など、GoogleMAPの不具合を調整できます。
また、閉業したお店や事業所の情報を削除したいときも↑こちらのページから修正ができます。

まとめ

GoogleMAPはカーナビとして利用されることが増えてきています。
営業時間や住所が間違っていると、カーナビからGoogleMAPを開いたときに「営業していない可能性があります」とアナウンスが流れて、注意喚起されます。

情報が正しければユーザーとしてはカーナビからお知らせをもらえることは非常にありがたいのですが、営業しているのにGoogleMAP上の情報が間違っていることでにお客さまを逃してしまっているのであれば営業を阻害されていることになるので、できる限り早く修正したほうがよいですね。

これからもっとGoogleMAPを利用するユーザーさんは増えると予想されますので、情報をしっかり修正したり追加したりして、集客にうまく使っていくようにしたいですね。

ABOUT ME
Groow編集部
編集長 小林永嗣。 株式会社アイデアクリップ代表取締役。 2004年より、初心者の方でも簡単にホームページを作れるサービス「PAGEKit - ページキット」を運営。丁寧なサポートが評判で、累計24,000人以上が利用。
ホームページ簡単制作 PAGEKit

どうしてもホームページ作りが難しいという場合はページキットにおまかせください。

かんたん3ステップ最短15秒で、業種ごとにぴったりの文章が入ったホームページが作れます。サポートつきで30日間無料でお試しいただけます。

サンプルを作ってみる