ホームページの作り方

居酒屋のホームページを自作する方法まとめ(事例も紹介)

「経営する居酒屋のホームページを自作したい」
「友人の居酒屋のホームページをつくってあげたい」

皆さま、こんにちは。
ここ数年、居酒屋を含む飲食店ではInstagramやFacebookページだけで情報発信をして、ホームページをつくらないお店も増えてきていましたが、最近またホームページをつくりたいというお店も増えてきています。

なぜでしょうか。
それは新型コロナウイルス感染症拡大にともなってのことです。

実は今、飲食店を助けようと行政や商工会、地元の有志が多くの地域で動いています。その動きの中でプレミア商品券の発行やマップづくりなどをしていただけることが多く、「ホームページへリンクしますよ」と声がけされる機会が増えているんです。

https://www.g-is.or.jp/publics/index/227/

新規のお客様を呼んでくださる最高の施策があるときに、情報量の少ないInstagramページやFacebookページよりしっかりつくったホームページを見せたいと経営者の皆さまが思うのは自然な流れです。

ホームページは制作会社に依頼せずともつくれます。大きな予算がなくても、補助金がもらえなかったとしても、ホームページは自作すれば低コストでつくることができます。

今回は特に業態として居酒屋のホームページづくりに特化した内容ですが、他の業態の方もご参考にしていただければ幸いです。

ホームページ作成サービスを探す

まず、自作を考えておられるのであればホームページ作成に技術を必要としない作成サービスの利用をオススメします。無料から月々1,000円台の費用まで色々なサービス、プランがあり、専門知識がなくても画面に必要事項を打ち込むだけでつくることができます。

サービスの選び方ですが、「肌感覚が合うもの」を選ぶことをオススメします。
例えば、サービスによってはホームページにアクセスしづらかったり、編集に時間がかかったり(動作が重い)、広告が入ったりとデメリットがあるものも。

それらのデメリットに納得できるかどうか、サービスのお試し期間中に触ってから決めると失敗しません。

そのほかデザインで選ぶのもよいです。使いたいと思うテンプレートがあれば、楽しみながらホームページをつくることができます。デザインで比較したい方は、過去記事ホームページ作成サービスはテンプレで選べ!〜選び方と4サービス比較〜に詳しく書いていますので検討してみてください。

また、この記事を書いている私たちはホームページ作成サービスPAGEKit(初期費用無料、月額1,466円〜)を運営していますので、手前味噌ですがぜひご検討お願いいたします。

主な無料/格安のホームページ作成サービス

無料プランがあるホームページ作成サービスも上位の有料プランがあります。
月額1,000円〜2,000円程度が相場ですので、「とりあえずホームページが早く欲しい」場合は無料〜月額2,000円までのものであれば決定して問題ないと思います。

メニューや地図など必要情報を入力する

飲食店の公式ホームページに必要な情報は以下の通りです。

  • 店名
  • メニュー表(価格も)
  • 地図、住所
  • 営業時間
  • 定休日
  • 駐車場の有無
  • 予約方法
  • テイクアウトの有無
  • 問い合わせ先

店名は正式な記載のほか、ひらがな(読み方)も載せておくと親切です。
また、営業時間や定休日、住所はわかりやすいところに載せておきます。

そのお店に行くかどうかはメニューを見て決めることも多いですが、自分が行きたい日に行けるかどうかも検討材料です。もし臨時休業や夏休み、長期休みなどがあれば、ホームページのわかりやすいところに記載しましょう!

また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、自宅で食事を楽しみたい方も多くなりました。メニューのテイクアウトが可能か、テイクアウトの際には予約が必要かなども書いておくと利用者側からするととてもありがたいです。

問い合わせメールフォームを設置する

お問合せ先として電話番号を載せるお店が多いですが、お店の営業時間以外は電話に出られない、営業時間も忙しいときは電話が取れないこともありますよね。

ホームページにはメールフォームを設置しておき、毎日メールを確認するようにしましょう。

1つ仕事が増えますが、予約の問い合わせやテイクアウトオーダーなど、メールフォームがあることで非常に多くなると飲食店経営者から聞いております。

「今日のディナーどうしよう」と思っても仕事中は電話ができない方も多いです。メールフォームがあれば手軽に問い合わせができるので、利用者側はありがたいです。

【事例】メールフォーム設置店→http://syunsai-yuuya.com/

また、居酒屋さんだけでなく飲食店全般の傾向としてメール対応をしていないところが多いです。そのためメールフォームがあるだけで近隣のお店と差別化できます。パソコンからメールを見るのは大変なので、携帯のメールを設定しておくのが作業量を減らすポイントです。

【事例紹介】自作されている居酒屋ホームページまとめ

ホームページ作成サービスを活用しているホームページをご紹介します。みなさん色々工夫されておられます!

①呑み喰い処 海皇
http://kaiouguru-pu.p-kit.com/
利用サービス:PAGEKit

②旬 和食酒房 けやき
http://keyaki.p-kit.com/
利用サービス:PAGEKit

③割烹料理 割烹くろ田
https://kappo-kuroda.p-kit.com/
利用サービス:PAGEKit

④海鮮居酒屋この上
https://nk09131986.wixsite.com/-site
利用サービス:WIX

⑤飫肥ワイン食堂 ANBERASHU
https://anberashu.jimdofree.com/
利用サービス:Jimdo

⑥まぐろ三昧 那智 ~Nachi~
https://magurozanmai.info/
利用サービス:グーペ

最後に

居酒屋経営の皆さんも限りのある時間の中で、さまざまな工夫をしてホームページをつくり、維持されているのがわかります。無料でも格安でもホームページ作成サービスを活用して情報をまとめておくことは、絶対にお店の経営に役立つはずです。

お店や料理の写真さえあれば、1日でホームページは完成します。
写真はスマートフォンで撮影したもので十分です。

商工会議所や行政、地元のフリーペーパーなどから「ホームページがあれば教えて下さい」といわれたときにはホームページのリンクを送れるようにしましょう!

ABOUT ME
Groow編集部
編集長 小林永嗣。 株式会社アイデアクリップ代表取締役。 2004年より、初心者の方でも簡単にホームページを作れるサービス「PAGEKit - ページキット」を運営。丁寧なサポートが評判で、累計20,000人以上が利用。
ホームページ簡単制作 PAGEKit

どうしてもホームページ作りが難しいという場合はページキットにおまかせください。

かんたん3ステップ最短15秒で、業種ごとにぴったりの文章が入ったホームページが作れます。サポートつきで30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料お試しはこちら